むくみをとる方法 ふくらはぎ

パンパンのふくらはぎにさよなら!効果的にむくみをとる方法

むくみをとる方法について 画像

 

私の顔ってこんなに丸かったっけ?
なんだか今日は足がだるくて、パンパン!
という日はありませんか?

 

むくみとはどんな状態?

 

むくみをとる方法について 画像

 

むくみというのは、体の中の水分が一部分に、
異常にたまってしまった状態のことです。

 

体の中の水分が血管やリンパの外に染み出してしまい、
皮膚の下に溜まってしまう状態
のことなんです。

 

血液の流れや体の水分量が影響しているむくみは、
起きやすい場所というのがあります。

 

特に、手や足、顔など心臓から離れている部分は、
むくみやすいんです。

 

辛いふくらはぎのむくみ

 

むくみをとる方法について 画像

 

中でも、むくんだことがあるという方が多いのは、
ふくらはぎではないでしょうか?

 

一日の終わりや夕方くらいになると、ふくらはぎがむくんでいて
ブーツが入らなくなった、
または、きつくなったという方はおられませんか?

 

なぜむくみやすいの?

 

ふくらはぎは、特にむくみやすい部分ですが、なぜでしょうか?

 

ふくらはぎは、第二の心臓と言われています。

 

下半身に降りてきた老廃物や余ってしまった
水分などを含んだ血液を、心臓に戻す働きがあるからなんです。

 

それで、その働きが弱まると、余分な水分が
ふくらはぎに溜まってしまうというわけです。

 

ふくらはぎがむくんでしまう原因にはいくつかありますが、
辛いふくらはぎのむくみをとる方法について、
知っておくとよいでしょう。

 

それで、今回この記事では、辛いふくらはぎの
むくみをとる方法について、調べてまとめてみました。

 

立ち仕事が多いという方や、1日中同じ姿勢で
過ごすことがあるという方は、ぜひ参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

ふくらはぎのむくみをとる方法

 

むくみをとる方法について 画像

 

マッサージ

ふくらはぎのむくみをとる方法として、
やはりマッサージが最も効果的です。

 

ふくらはぎに溜まってしまった余分な水分を、
リンパの流れや血流を良くすることで、
流してあげる必要があります。

 

血流を良くするためには、体がポカポカしている
お風呂上がりなどにむくみをとる方法を行うのが効果的です。

 

全身の血流が良くなっている時に、さらにマッサージによって、
血液の流れがかなり良くなります。

 

そうすれば、ふくらはぎを、
辛いむくみから解放することができるんです。

 

 

 

ストレッチ

ふくらはぎには、大きな筋肉があります。

 

この筋肉をほぐすことは、
ふくらはぎのむくみをとる方法として効果的です。

 

ヒラメ筋という筋肉と腓腹筋という、大きな二つの筋肉をほぐすと
血行が良くなるようです。

 

スムーズな血流を助けるために、ここの部分を伸ばして、
ストレッチによってほぐすと良いでしょう。