むくみを取る食事

辛いむくみを改善するのにおすすめ!むくみを取る食事

むくみをとる方法について 画像

 

むくみの原因は様々ですが、仕事柄仕方がないという方や、
体質的にむくみやすいという方も多いと思います。

 

マッサージやツボなどによって、むくみの改善を
図ることもできますが、特におすすめしたいのが
内側からのケアです。

 

むくみを取る食事を毎日意識することで、
簡単にむくみ対策やむくみの予防ができるんです。

 

体の中の水分量や血液の流れが影響しているわけですから、
毎日取り入れる食事はとても大切です。

 

それで、今回この記事ではどのようなレシピや食品が
むくみを取る食事として効果的なのか?という点について、
調べてまとめてみました。

 

色々な方法を試したけれど、なかなかむくみが取れない!
という方は、ぜひ参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

むくみを取る食事のポイント

 

むくみをとる方法について 画像

 

塩分を控えよう

 

塩分を摂りすぎると、体の中に水分が溜まりやすくなるので
むくみの原因となる
んです。

 

体内の塩分の濃度が高くなってしまうと、
体から水分を排出するという働きが低下してしまいます。

 

ですから、インスタントの食品やお漬物、梅干など
塩分が多く含まれている食品は、控える方が良いと言えます。

 

むくみを取る食事では、このような塩分の高い食べ物の量を
制限することがポイントです。

 

また、様々な料理のレシピを調べるときも、
最近は塩分の量を表示しているものがありますので、
摂取しすぎないようチェックしましょう。

 

カリウムを積極的に摂取

 

カリウムという成分は、体の中の塩分を体の外に排出させるため、
むくみの原因を取り除くという働きがあります。

 

ほうれん草やアボカド、またバナナなどのフルーツは、
カリウムをたくさん含んでいるので、
むくみを取る食事に取り入れたいものです。

 

アルコールの種類に注意

 

お酒を飲んだ次の日には、顔がパンパンにむくんでいた!
という経験をしたことはありませんか?

 

お酒を飲んでから寝る=水分を摂りすぎた上に、
睡眠の質も下がりますので、顔などが
むくみやすくなってしまいます。

 

しかし、お酒を全く飲まないということは
ストレスにもなりますので、むくみを取る食事と
合わせる飲み物にも、注意が必要なんです。

 

おすすめなのが、ポリフェノールをたっぷり含む赤ワインを、
むくみを取る食事と一緒に飲むことです。

 

ポリフェノールがたっぷり含まれているこの赤ワインは、
血液をサラサラにし、血流を促進してくれるので、
体の中の不要な水分を排出してくれます。

 

また、アルコールでない場合は、緑茶や烏龍茶などの
カテキンといったポリフェノールが含まれる飲み物が、
むくみを取る食事にはぴったりでしょう。