むくみを取る方法 妊婦

むくみが辛い妊婦さんにおすすめのむくみを取る方法

むくみをとる方法について 画像

 

立ち仕事やデスクワークをしている人などは、
1日が終わる頃には足がパンパンになってしまいます。

 

朝出かけるときと帰る時では、足の太さが全然違っている!
ということはよくあるんです。

 

ブーツがきつくなってしまったり、
靴が入らなくなってしまうという方までおられるようです。

 

むくみは妊婦さんのトラブルのひとつ

 

むくみをとる方法について 画像

 

多くの女性が悩まされているむくみですが、
特に妊婦さんの中にも悩まされている方は、少なくないようです。

 

なぜ、妊娠中は体がむくみやすいのでしょうか?

 

妊婦さんに効果的なむくみを取る方法についても、
調べてまとめてみました。

 

体のむくみで悩んでいるという妊婦さんや、
足がだるくて困っているという方は、
ぜひ参考にしてみてください。

 

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

 

なぜ妊娠中はむくみやすいのか?

 

むくみをとる方法について 画像

 

妊娠中は、普段よりも体がむくみやすいと
感じられる方が多いようです。

 

その理由としては様々なことが考えられますが、やはり、
妊娠も後半に入ってくると赤ちゃんが大きくなるため、
下半身に負担がかかります。

 

重たい赤ちゃんが体に入っているため、
血管が圧迫され血流が滞ってしまうということも考えられます。

 

また、血液の量や水分の量も1人分ではなく、
赤ちゃんの分も含めた2人分になるので、やはり、
どうしてもむくみやすいようです。

 

妊婦さんにおすすめのむくみを取る方法

 

むくみをとる方法について 画像

 

食生活の改善

 

妊婦さんは、赤ちゃんの健康のことを考えて
食べ物にも気を使っておられると思います。

 

中でも、塩分の摂りすぎは、体のむくみを考える上では大敵です。

 

塩分や糖分の摂り過ぎは、体の血流や水分量を乱れさせるため、
避けた方が良いと言えます。

 

塩分の摂りすぎは、妊娠中の高血圧にもつながってしまいます。

 

赤ちゃんの健康のためにも、
妊婦さんは塩分を控えた方が良いでしょう。

 

むくみを取る方法としては、カリウムを
積極的に食事から取り入れることが大切です。

 

体の中の水分量を減らすことができるので、
海藻類に多く含まれているカリウムを積極的に食べれば、
むくみを取る方法として効果的です。

 

運動

 

身重な妊婦さんは、体を動かすことが
億劫になってしまうと思います。

 

それでも、適度な運動は血液の流れを良くし、
むくみを取る方法として、とても大切です。

 

出産の時の体力づくりのためにも、日頃から定期的に
体を動かしてみてはいかがですか?

 

運動は、むくみを取る方法の効果をアップさせるポイントです。